健康に大きく関係する腸内フローラ

赤ちゃんと腸内フローラ

腸内フローラはガンや糖尿病など健康に大きく関係しているため、誰もが腸内フローラを無視することは出来ません。それでは、腸内フローラはどのようにして出来上がるのでしょうか。この腸内フローラは赤ちゃんの段階から少しずつ作られ、赤ちゃんのときから腸内フローラに良い環境を与える必要があります。

赤ちゃんとは母乳によって成長をしますが、母親から抗体を受け継いでいます。この抗体があることで細菌やウイルスなどから赤ちゃんは守られているのです。そして、母乳にはオリゴ糖が含まれており、腸内フローラの一種であるビフィズス菌はそれをエサにして増加をします。そのため、母乳を与えることは赤ちゃんの腸内フローラに良い影響を与えるのです。そのため、生後半年以上は母乳で育てることが理想とされています。

そして、赤ちゃんの腸内フローラは1年ほどで完成され、これによって免疫力を高めることが出来るのです。また、免疫力を高めることは食事だけではありません。スキンシップによって免疫機能を高めることが出来ます。赤ちゃんとのスキンシップは非常に大切なことですが、そこにはこういった理由があるからなのです。そのため、赤ちゃんのいる家庭や出産を控えた家庭はそういった部分を意識しましょう。