健康に大きく関係する腸内フローラ

腸内フローラと肥満

現在のテレビでは健康をテーマにすることが多く、どのような方も健康に関心を持っているものです。そういった健康番組ではさまざまなワードが登場するものですが、中でも腸内フローラというワードを耳にすることがあります。しかし、腸内フローラの具体的な意味についてご存知の方は少ないでしょう。この腸内フローラとはどういったものなのでしょうか。

“フローラ”とは“花畑”を意味しており、腸内フローラとは腸内にある花畑のような細菌の集団を指しています。人間の腸内には600兆個~1000兆個の細菌がいるとされており、その重さは約1.5キロです。これらの集団を腸内フローラと呼んでおり、これだけの量があると人体にも大きな影響を与えています。

特に腸内フローラは肥満に大きく関係しており、フィルミクテス門の細菌は食事から摂取されたエネルギーを身体に取り込む傾向にあるのです。そのため、肥満傾向にある方の腸内フローラにはフィルミクテス門の細菌が多くなっています。逆に腸内フローラにはバクテロイデス門と呼ばれる細菌も存在しており、これはエネルギーの取り込みを防ぐ効果があるのです。そのため、バクテロイデス門の細菌の多い方は太りにくい体質と言えるでしょう。

こういった腸内フローラのバランスは食事やサプリメント、生活習慣によって改善することが出来ます。私たちの健康に直結している腸内フローラですが、こちらでは腸内フローラの具体的な役割をご紹介いたしますので健康的な生活の参考にしてください。


【管理人おすすめリンク】
腸内フローラのバランスを整えるのに効果的と言われているのが、短鎖脂肪酸です。人気サプリの1つであるビセラは腸内環境を整えてくれる効果があるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう > ビセラの効果